Excel・エクセルの使い方 図形の作成(オートシェイプ)

図形の作成(オートシェイプ)

Excel(エクセル)ではオートシェイプという描画機能を使って簡単に図形を作成することができます。


基本の作成方法

Excelの図形描画ボタン

まず最初にメニューバーの[図形描画]ボタンをクリックし、[図形描画]ツールバーを表示します。(既にツールバーが表示されている場合は不要です。)

始点からドラッグします

ツールバーの[直線]ボタンをクリック。
始点から線を引きたい方向に向かってドラッグ。
これでドラッグを辞める場所まで線を引くことができます。

ShiftキーでExcelに正方形が描けます

次は四角形を描きます。
同じくツールバーの[四角形]ボタンをクリック。
始点から四角を描きたい方向に向かってドラッグするだけでOKです。
[Shift]キーを押しながらドラッグすると正方形が描けます。
[Ctrl]キーを押しながらドラッグすると最初にポイントした場所を中心とする四角形が描けます。

ShiftキーでExcelに正円が描けます

最後は丸です。ここまで来れば手順は簡単ですね。
同じくツールバーの[楕円]ボタンをクリック。
始点から円を描きたい方向に向かってドラッグです。
[Shift]キーを押しながらドラッグすると正円が描けます。
[Ctrl]キーを押しながらドラッグすると最初にポイントした場所を中心とする楕円が描けます。


オートシェイプで作成

オートシェイプを選択

ツールバーの[オートシェイプ]をクリック。
次に目的のカテゴリをポイント。
表示される一覧の中から描きたい図をクリックします。

ドラッグで簡単に描けました

基本の作成方法同様、始点にカーソルを合わせ描きたい方向に向かってドラッグします。

例では矢印を参考に紹介しましたがオートシェイプにはたくさんの図形が用意されています。見栄えのいい文書を作成する上でもどんどん使ってみましょう!