Excel・エクセルの使い方 データ個数のカウント(COUNT関数)

データ個数のカウント(COUNT関数)

Excel(エクセル)の関数を使って入力されているセル(データ)の数をカウントする方法です。
ここでは「COUNT」を使って値を返します。


入力されているデータの数を調べる

Excelデータの個数を調べる方法

結果を表示させたいセルを選択します。
[関数の挿入]ボタンをクリックします。

エクセル関数の挿入ダイアログボックスから統計を選ぶ

ダイアログボックスの[分類]から[統計]を選択します。

リストからCOUNT関数を選びます

関数[COUNT]を選択。
OKボタンをクリックします。

対象の範囲をドラッグします

引数を指定するダイアログボックスが表示されます。
ここでカウント対象としたいセル範囲をドラッグ。
※ダイアログボックス内に参照先を直接入力しても構いません。
最後にOKボタンをクリック。

Excel関数データのカウント

1月(B5からB9まで)のデータ数が表示されます。


オートSUMボタンで簡単集計

メニューバーにあるオートSUMボタンからも簡単データ数を表示させることができます。

ExcelツールバーのオートSUMをクリック

結果を表示したいセルを選択し
メニューバーの[オートSUM]ボタン▼をクリック、[データの個数]を選択します。

カウント対象をドラッグで選択

集計対象の範囲をドラッグします。
[Enter]キーで確定になります。
カウントの対象が離れたセル同士など個別に指定したい場合は[Ctrl]キーを押しながら範囲を選択していきます。