Excel・エクセルの使い方 数式で計算(足す・引く・掛ける・割る)

数式で計算(足す・引く・掛ける・割る)

Excel(エクセル)で使える便利な機能のひとつ。数式・関数を使った計算。
まずはセルのデータを使って基本的な足し算、引き算、掛け算、割り算の方法を紹介します。


エクセルで計算する

Excelで計算をします

図のように入力したセルの値を使って計算結果を表示させます。
ここでは足し算を例に紹介しますが入力する計算記号以外、操作はすべて同じです。

エクセルのセル内にイコールを入力

結果を表示させるセルをクリックし「=」(等号キー)を入力します。

計算に使うセルを選択

1つ目のセルを選択すると数式バーとセルに選択したセル番号が表示されます。

Excelでプラスを入力

「+」プラスを入力して
足す値が入力されているセルをクリックします。

Excelの足し算が表示される

[Enter]キーを押して確定。計算結果が表示されます。


尚、引き算、掛け算、割り算で使う記号は次のようになっています。

エクセルの計算で使う記号一覧

足し算の場合は、+(プラス)を入力。
引き算の場合は、-(マイナス)を入力。
掛け算の場合は、*(アスタリスク)を入力。
割り算の場合は、/(スラッシュ)を入力。


基本的な数式の仕組みさえ理解してしまえば、後々の関数を使ったデータの引用や複雑な計算を覚えるのも難しくありません。ぜひここで抑えておきましょう。