Excel・エクセルの使い方 ピボットテーブルの作成

ピボットテーブルの作成

Excel(エクセル)で入力したデータの集計や分析。そこで活躍するのが「ピボットテーブル」です。まずは基本的な作成方法から解説していきます。


ウィザードで簡単作成

次のような入力データ。「店舗や月毎の売り上げ」や「担当ベースの販売個数」などいろいろな観点から分析をしたい場合、集計方法毎にリストを加工していては大変です。

Excel(エクセル)データの集計と分析

そこで元データは加工せず、フィールドを選ぶだけで集計や分析を行えるようにする為の大枠を用意していきます。

メニューからピボットテーブルとピボットグラフレポート

データ範囲内の適当なセルを選択し、
[データ]メニューから[ピボットテーブルとピボットグラフレポート]を選択。

分析するデータの場所

ここからはウィザードに従って操作するだけです。
分析するデータのある場所を選択(今回はエクセル内の為、一番上)
作成するレポートの種類(ピボットテーブル)を選択。
[次へ]を押します。

集計対象が自動選択

ここで対象の範囲が自動的に選択されます。(範囲に誤りがあるときはドラッグで再選択)
範囲に問題がなければこのまま[次へ]ボタン。

テーブルの作成先を選択

最後に作成する場所(新規シートor既存シート)を選択します。
[完了]ボタンで終了です。

excel(エクセル)ピボットテーブルの完成

新しいシートが挿入されテーブル枠が作成されました。

あとは必要な項目をフィールドリストからドラッグしていくだけ。実際の分析や集計の使い方は次のページから紹介していきます。