Excel・エクセルの使い方 条件付き書式の設定・解除

条件付き書式の設定・解除

Excel(エクセル)の条件付き書式を使うと「セルの値がいくつ以下だったら文字を赤くする」など特定の条件に応じた書式を自動で反映させることができます。


条件を設定する

Excel条件付き書式から

セルを選択し、[書式]メニュー[条件付き書式]をクリックします。
シート全体に設定する場合は、シート右隅をクリック。

条件1の指定をする

ダイアログボックスの[条件1]に任意の条件を指定していきます
書式ボタンから適用する書式の内容を指定しOKボタン
※図はセルの値が29000以下の場合は、文字列を赤くするという設定です。

該当するセルのみ反映

条件に該当するセルのみ書式が反映されます。
これでいちいちセル範囲ごとに設定せずに済みますね。


条件を削除・解除する

条件付き書式をクリック

解除する対象セルを選択し、[書式]メニュー[条件付き書式]をクリックします。

削除ボタンを押します

ダイアログボックスのリストから[削除]ボタンを押します。

条件にチェックを入れる

削除したい条件にチェックを入れOKボタン。

書式が解除される

指定された条件がクリアされるのでこのままOKボタンで完了です。