Excel・エクセルの使い方 関数エラーの意味と原因

関数エラーの意味と原因

Excel(エクセル)で関数を扱っているとセルにエラー値が返されることがあります。
これは正常に処理できない関数があった際に表示されるもので、それぞれその意味と原因は異なります。そこでエラー内容の一覧をまとめました。


関数エラー値一覧

エラー値 意味 主な原因例
#DIV/0! 値が0もしくは空のセルで割られている 数式の中に割り算が含まれる関数を使っている場合、計算対象に0が含まれている。
#N/A 対象となるデータが存在しない。 検索範囲内に一致するデータがない。
#NAME? 利用できない文字列が含まれている。 関数名の誤り。存在しないセル番号を指定している
#NULL! 指定した2つのセルに共通部分がない。 共通部分を表す半角空白が間違っている。指定された2つのセルに共通部分がない。
#NUM! 値の指定に誤りがある。正当な結果が得られない。 処理可能な範囲外の数値を指定している。
#REF! >無効なセルが参照されている 参照先セルが移動や削除により対象セルを確認できない。
#VALUE! 引数の形式が過っている。 数値を指定する必要があるセルに文字列を指定している。
##### データを表示する為のセル幅が足りない。 結果の数値や日付を表示する上で必要なセル幅がデータの幅よりも狭い。

エラーが表示された場合はその原因を調べ必要に応じて修正していきましょう。