Excel・エクセルの使い方 曜日の表示(WEEKDAY関数)

曜日の表示(WEEKDAY関数)

Excel(エクセル)の関数を使って曜日を表示させる方法です。
セルの日付データ(シリアル値)を元に該当する曜日データを引き出します。またTEXT関数と合わせて使うこともできます。


WEEKDAYの使い方

Excel曜日の表示方法

結果を表示させるセルを選択し、
[関数の挿入]ボタンをクリックします。

エクセルのWEEKDAY関数を選びます

ダイアログボックス内の分類[日付]から[WEEKDAY]を選択し、
OKボタンをクリック。

参照するシリアル値を選択

参照する日付データ(シリアル値)が入力されているセルを選択します。
OKボタンをクリック。

数字が表示されます

すると1~7の整数が表示されます。これは日曜日を「1」とした各数字が割り振られていることを意味します。
規定の割振り 1:日、2:月、3:火、4:水、5:木、6:金、7:土


次にこの数字を曜日表記に変える方法です。

エクセル書式設定から

セルの書式設定→[表示形式]タブで[ユーザー定義]を選択し、種類のボックス内に「aaa」と入力します。(サンプルプレビューに「火」の表示)
最後にOKボタン。

整数が曜日表記に変ります

「火」の表示に変わりました。

書式設定で曜日の表示方法

尚、書式のユーザ定義の内容により下記文字列へ変換されます。
[aaa]と入力した場合、”火”
[aaaa]と入力した場合、”火曜日”
[ddd]と入力した場合、”Tue”
[dddd]と入力した場合、”Tuesday”

TEXT関数を使う

書式設定を使わずTEXT関数を組み合わせる事により同じように表示させることができます。

TEXTを使って文字列に変換

例)
TEXT(WEEKDAY(A1),”aaa”)⇒ 月
TEXT(WEEKDAY(A1),”dddd”)⇒ Monday

用途に応じて書式の設定、TEXTの併用、使いやすい方を試してみてください。