Excel・エクセルの使い方 ピボットテーブル データの追加・更新

ピボットテーブル データの追加・更新

Excel(エクセル)のピボットテーブル。元データの値を変更した場合や新たな行を追加した場合はテーブル側での更新を行う必要があります。


元データの修正と更新

エクセルの元データを修正

例えば元となっているデータ内の値を修正した場合。

ピボットテーブル側のエクセル集計は変わらない

このままではピボットテーブル側の集計は変わりません。これを反映する為に次の操作を行います。

エクセルのツールバーからデータ更新

テーブルエリア内いずれかのセルいずれかを選択し、
ツールバーの[データの更新]ボタンをクリックします。
ツールバーが表示されていない場合は[データ]メニューから[データの更新]

元リストの修正がテーブルにも反映

先ほど修正した内容が反映されました。


元データに行の追加

Excelの元データへ行を追加

次は新たな行を追加した場合です。先ほどと同じようにこのままではテーブル側の値は変わりません。
但し今回は再読み込みさせれば良いという事ではなく、集計対象となっている範囲自体を再度指定し直す必要があります。

テーブル側の集計は変わらない

テーブルエリア内いずれかのセルいずれかを選択し、右クリック。
[ピボットテーブルウィザード]を選択します。

[ピボットテーブルウィザード]の戻るボタン

ウィザードが表示されたらこのまま[戻る]ボタンを。

範囲の再選択

すると現時点で対象となっている範囲が自動選択されます。
ここで新しく追加した行までを再選択。
(全範囲を再度ドラッグか、Shiftキーを押しながら追加行右隅のセルをクリック。)

ウィザードの完了ボタン

ウィザード内の指定範囲も変わった事が確認できます。
ここで[完了]ボタン。

追加行もピボットテーブルに反映

新しく追加した行の値も反映されました。